【完全版】初めて・怖い・苦手の方必見!コンタクトを必ず付ける方法

コンタクトを必ず付けられるようにする方法

誰でも必ずコンタクトを付けられます!

 

コンタクトを付けたくても、怖いなどの理由で付けられない方がいます。
今回はそんな方の為に、必ず付けられるようにする方法を紹介します。

 

余談ですが私は最初、眼科にコンタクトを作りに行って眼科医の教え通りに1時間以上やっても上手く入らず、「あなたはやめた方がいい」と言われ断念したビビりです。実は未だに目薬も出来ません・・・w

そんな私でも今は楽勝でコンタクトだけは入れられる事が出来ます。こんな私でも入れることが出来るので、これから紹介する方法で諦めずに挑戦しましょう!

 

初めにコンタクトは怖い物じゃない、痛い物でもないという事を理解しておこう

 

コンタクトを付けられない人は、心のどこかで「怖い、痛そう」などと勘違いして思い込んでいる人が多い傾向があります。

 

コンタクトは怖い物ではありません。目に装着すると痛い物でもありません。

 

コンタクトの付け心地は、もちろん痛みなどはなく、違和感なども全くない。付けている事を忘れてしまう程、自然です。
怖い、痛そうなどの概念は捨てる・忘れるようにしましょう。

 

ビビりな私でもコンタクトを入れることが出来たということ

 

眼科で一時間以上練習して眼科医にキレ気味で「もうやめた方がいい、あなたには無理だ」と言われた私でも入れることが出来ました。
相当なビビりです。目薬も出来ないような人です。注射なども気を失いながらされているレベルです・・・w

 

そんな人類一ビビりと言っても過言ではない私がコンタクトを余裕で入れる事が出来ているんです。
この事を忘れずに、頑張りましょう。

 

コンタクトの付け方

 

まずは手を清潔にします。

 

 

必ず石鹸などを使用して、十分に洗ってください。

 

次にコンタクトの裏表を確認して、中指にレンズのくぼんだ方を上にして乗せます。
コンタクトの裏表を確認する方法

 

 

正面の鏡を見ながら、コンタクトを持っていない方の手の親指で下まぶた、人差し指で上まぶたを思いきり開きます。

両手で開く方法より片手で開く方が初心者にはオススメ

最初の内は目が飛び出るくらい思い切り開いてください。そうすると入りやすくなります。

 

 

 

まぶたを開いたら、コンタクトをまっすぐ正面から黒目に乗せてください。

上手く入らない人のほとんどが「怖い」などの意識から目を閉じようとしています。

怖い物ではない、痛い物でもないという事を改めて理解してください。

 

 

 

コンタクトが黒目に乗ったら、ゆっくり瞬きをしてコンタクトが目に馴染んだら装着完了となります。

コンタクトが黒目に乗ってから、360度視界をぐるりと回すと馴染みやすくなります。

 

 

以上となります。

 

初めて付ける事が出来たという方はおめでとうございます♪一度付ける事が出来ると、今後の装着はスムーズにいくでしょう♪
衛生面にはくれぐれも気を付けて、楽しく安全なコンタクトライフを送ってください♪

 

この方法でも付ける事が出来なかったという方は、何度も諦めずに落ち着いて挑戦してみてください。
一度でも装着出来れば、「なんだ、こんな簡単なのか」となるはずです。

 

それでも付けられないという方はコンタクト付けはずし器具【メルル】を使用することをお勧めします。